行書少陵述古軸 ぎょうしょしょうりょうじゅつこじく

 /  / 中国 

張照筆
制作地:中国
清時代・17~18世紀
絹本墨書
116.0×63.3
1幅

張照(ちょうしょう)は浙江省松江の人。康煕48年(1709)進士となり、刑部尚書に至りました。明末の大家・董其昌(とうきしょう)と同郷で、その書は董其昌の再来と称賛され、康煕(こうき)・雍正(ようせい)・乾隆(けんりゅう)の三帝に愛好されました。張照の書を収めた法帖に『玉虹楼(ぎょくこうろう)帖』『瀛海仙班(えいかいせんぱん)帖』『天瓶斎(てんへいさい)帖』があります。

作品所在地の地図

関連リンク

行書少陵述古軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行書五言絶句軸
行書五言絶句軸

董其昌筆

渓山仙館図軸
渓山仙館図軸

董其昌筆

行書七言絶句軸
行書七言絶句軸

董其昌筆

臨徐浩書張九齢告身巻
草書王維詩巻
草書王維詩巻

張瑞図筆

ページトップへ