三上八幡宮の鉄釣燈籠 みかみはちまんぐうのてつつりとうろう

金工 / 室町 / 高知県 

八木勘解由
寛正6年奉納/1465年奉納
高27.5㎝
1基
高知県立歴史民俗資料館
県指定

鉄板を組み合わせた六角形をなす。火袋は上半部に連子透かし、下半部に枡(3個)、横遠菱、滕(織機の道具)文の透かしがある。扉の透かしは変化をつけ、上部に丸二二引両の紋(2個)、中段に横遠菱、下段に滕の透かしが存する。笠は2段になり、上下の笠の柱は六角形の鉄板である。笠上の宝珠・釣環は欠損する。台も六角形、角に6本の脚がある。高さ21㎝である。扉に刻銘あり、6行に刻する。室町時代中期の寛正六年の紀年銘がある。「大日本国土州阿河郡鹿敷村/聖八幡大菩薩御宝前燈籠也/右諸願成就皆令満足故/大旦那惟宗朝臣親康司鍛冶大工/八木勘解由/寛正六年乙酉九月吉日」本県では唯一の残った鉄釣燈籠で、本県最古のものである。

作品所在地の地図

関連リンク

三上八幡宮の鉄釣燈籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釣燈籠
釣燈籠

渡邊孫兵衛、猪野弥五良房宗、頼真、長治太良衛門通■、大槻形部少輔与定

鉄釣燈篭
鉄釣燈籠
伏原大塚古墳出土埴輪
旧味元家住宅主屋
ページトップへ