鉄釣燈籠 てつつりどうろう

その他の画像全6枚中6枚表示

工芸 / 室町 / 近畿 

奈良県
室町/1564
1基
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19720530
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

鉄板金製六角形の釣燈籠で、火袋【ひぶくろ】には二面の扉の他四面には菊籬【きくまがき】・松竹梅・橘などを陰透【かげずか】して光明の効果をもたらしている。その上の欄間には刻銘があり、永禄七年(一五六四)奥州会津の稲河之荘妙法寺に寄進されたことを示している。釣燈籠は古くは鋳銅製が多く、室町末期から銅板金製のものが多くなるが、鉄製の遺品は甚だ少ない。これは技法も精緻で、その作行も優れている。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄釣燈籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釣燈籠
釣燈籠

渡邊孫兵衛、猪野弥五良房宗、頼真、長治太良衛門通■、大槻形部少輔与定

三上八幡宮の鉄釣燈籠
鉄釣燈籠
銅梅竹透釣燈籠
金銅山王十社御正体
ページトップへ