紅梅図軸 こうばいず

絵画 /  / 中国 

金農筆
制作地:中国
清時代・乾隆25年(1760)
紙本淡彩
88×137.2
1幅
銘文:客窓用玉楼人口脂画之彼妹暁粧無悩老奴 其香奩而損其一点紅也不覚失咲 七十四翁杭郡金農 ; 金吉金印 ; 生于丁卯 ; 可菴珍秘 ; 古歙程氏双宋楼収蔵法書名画印 ; 宝宋室 ; 朗庵墨縁

金農【きんのう】(字・寿門、司農、吉金、号・冬心)は、仁和(浙江省)の人。清代の個性的な画風で知られる揚州八怪の一人で、画面右側の書にみられるような独自の線が、梅の描写にも使われています。台湾の書家王壮為【おうそうい】の題箋をもつ、同じく台湾のコレクターである林熊光【りんゆうこう】の旧蔵品です。(150102_t081)

作品所在地の地図

関連リンク

紅梅図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隷書六言詩横披
袁枚像 羅聘筆
梅花図冊
芍薬図軸
芍薬図軸

李鱓筆

春水吹簫図扇面
ページトップへ