隷書六言詩横披 れいしょろくごんしおうひ

 /  / 中国 

金農筆
制作地:中国
清時代・乾隆27年(1762)
紙本墨書
1面
銘文:「金吉金印」白文方印、「主于丁卯」朱文方印

塩業で栄えた江蘇省揚州(ようしゅう)は、乾隆・嘉慶の頃、財を成したパトロンの庇護のもと、書画家が多く寄寓しました。そのなかには、揚州八怪(はっかい)にも数えられる金(きん)農(のう)や鄭燮(ていしょう)のように、金石趣味が色濃く投影された書を残す者がいました。彼らは碑学派の先駆的存在と言えます。

金農(きんのう)は西嶽華山廟碑(せいがくかざんびょうひ)などの漢隷を学び、後に呉の禅国山碑(ぜんこくざんひ)や天発神讖碑(てんぱつしんしんひ)に基づいて漆書(しっしょ)と称される独創的な様式を確立しました。本作はその好例で、筆を刷毛状に用い、横画と縦画の太細を極端につけて、ときに左払いをヒゲのように細長く伸ばします。没する一年前の書です。(六人部氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

隷書六言詩横披チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅梅図軸
紅梅図軸

金農筆

楷書懐素自叙帖語軸
隷書七言聯
隷書七言聯

伊秉綬筆

芍薬図軸
芍薬図軸

李鱓筆

謁金天王神祠題記
ページトップへ