楷書懐素自叙帖語軸 かいしょかいそじじょじょうごじく

 /  / 中国 

鄭燮筆
制作地:中国
清時代・乾隆29年(1764)
紙本墨書
178.0×89.4
1幅

鄭燮(ていしょう)は地方官を務めた後、郷里の揚州(ようしゅう)で売芸生活を送りました。書では六分半書(ろくぶはんしょ)と称される隷書の筆意が強い行楷書が異彩を放ち、揚州八怪(ようしゅうはっかい)の一人に数えられます。72歳時の本幅は行楷書を基本に、篆隷や草書の筆法が盛り込まれ、各書体が渾然となった怪作です。(六人部氏執筆)(180828_t08)

作品所在地の地図

関連リンク

楷書懐素自叙帖語軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隷書六言詩横披
記蘇軾事一則
草書七言絶句軸
草書七言絶句軸

黄道周筆

竹図自画賛
竹図自画賛

中林梧竹筆

草書五言絶句軸
草書五言絶句軸

高鳳翰筆

ページトップへ