観楓図屏風 かんぷうずびょうぶ

絵画 / 室町  安土・桃山 

狩野秀頼筆
室町~安土桃山時代・16世紀
紙本着色
150.2×365.5
6曲1隻
国宝

 紅葉の名所として名高い京都洛北の高雄、清滝川のほとりで紅葉狩りを楽しむ人々を描いた屏風です。画面の向かって右側、川の手前では子供連れの女性が茶売りの茶や酒を飲んで紅葉をめでながら楽しいときを過ごしています。橋の上では一組の男性が笛を吹き、童子を伴った僧が、語らいながら橋を渡ろうとしています。左の輪になった男性の一群は、拍子をとりながら舞を舞い、酒宴に興じています。そして、画面中ほどにかかった雲の奥には、画面右に宝塔のある神護寺、左に冬の到来を告げる雪景色の愛宕社の鳥居と参道が描かれています。
 当時の人々の衣食や芸能の様子を生き生きと描写した観楓図屏風。紅葉の美しさとともに、人々の楽しげな遊楽の様子をご覧ください。

作品所在地の地図

関連リンク

観楓図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色観楓図〈狩野秀賴筆/六曲屏風〉
四季山水図屏風
四季山水図屏風

伝周文筆

風俗図屏風
紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉
春秋禽狗遊楽図屏風
ページトップへ