文化遺産オンライン

行善寺本堂

ぎょうぜんじほんどう

作品概要

行善寺本堂

ぎょうぜんじほんどう

宗教建築 / 江戸 / 中部

長野県

江戸/1830

木造平屋建、鉄板葺、建築面積259㎡

1棟

長野県上水内郡信濃町大字古間541

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

北国街道古間宿に位置。桁行七間梁間七間、入母屋造鉄板葺で三間向拝を付す。正側面に縁を廻す。軒は斜めの出梁に天井を張り木負を受け化粧軒を出す。内部は前方を外陣、背後中央を内陣、両脇を余間とする真宗の通例をとる。宿場町に建つ近世に遡る真宗寺院。

行善寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

外陣 / 本堂 / / 真宗

関連作品

チェックした関連作品の検索