文化遺産オンライン

専教寺本堂

せんきょうじほんどう

概要

専教寺本堂

せんきょうじほんどう

宗教建築 / 中国・四国

広島県

江戸/1794

木造平屋建、銅板葺、建築面積408㎡

1棟

広島県安芸高田市高宮町船木字東福田1506-1

登録年月日:20191205

宗教法人専教寺

登録有形文化財(建造物)

安芸高田市北東部にある真宗本堂。外陣正面柱間七間と大規模で、内部を円柱、側廻りを角柱とし、広い畳敷の外陣、装飾的な内外陣境、内陣背後の後門等真宗本堂の典型的な平面である。向拝廻りの彫刻、外縁の格天井等随所を豪華に飾る江戸後期真宗本堂の好例。

専教寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / 真宗 / 高田 / 安芸

関連作品

チェックした関連作品の検索