文化遺産オンライン

馬頭尊立像

ばとうそんりゅうぞう

作品概要

馬頭尊立像

ばとうそんりゅうぞう

彫刻 / / 中国

制作地:中国

清時代・18~19世紀

銅造、鍍金

1躯

頭上に馬の顔(3個)が表される馬頭尊。日本では馬頭観音として親しまれるが、インドやチベットでは忿怒尊+ふんぬそん+(明王)に分類される。怒りの表情はもちろん、髪の毛は逆立ち、金剛杵+こんごうしょ+という武器を手に虎皮を腰にまとうのは、菩薩より明王と呼ぶにふさわしい姿である。

馬頭尊立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

チベット / / Qing / China

関連作品

チェックした関連作品の検索