文化遺産オンライン

茶屋町の鬼

ちゃやまちのおに

作品概要

茶屋町の鬼

ちゃやまちのおに

工芸技術 / 江戸 / 岡山県

茶屋町

茶屋町鬼保存会

茶屋町と言えば鬼、鬼と言えば茶屋町と言われるくらい、茶屋町の秋まつりは鬼で有名です。言い伝えによると250年も前から茶屋町のお祭りに氏神様をお守りすると言うことから出るようになったと言われています。恐ろしいと言った鬼ではなく、どこかひょうきんな憎めない雰囲気を持った可愛い鬼だと言われています。 戦後の昭和30年を過ぎたころから、その姿を消していきましたが、昭和50年に発足した茶屋町の鬼保存会の手によって、再び鬼まつりの復活となりました。 鬼祭り開催日 毎年10月第3日曜日

茶屋町の鬼をもっと見る

学校法人加計学園 倉敷芸術科学大学をもっと見る

キーワード

/ 行事 / ダンジリ /

関連作品

チェックした関連作品の検索