文化遺産オンライン

瓦経類断片

ガキョウルイダンペン

作品概要

瓦経類断片

ガキョウルイダンペン

考古資料

38枚

瓦経は粘土板に法華経・般若心経などの経文を箆で書き写し素焼きにしたものである。経塚に納め、経典を遥かな未来に向けて保存するために作られたもので、紙に写されたお経よりは耐久性にすぐれている。 1枚の瓦経には表裏に各10行×17文字で丁寧にお経が書かれているが、経文全部を写すためには数十枚から数百枚の粘土板が必要であった。平安時代後期(11~12世紀)を中心に西日本の各地でつくられた。

瓦経類断片をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

経文 / / 粘土 / 写す

関連作品

チェックした関連作品の検索