観自在菩薩如意輪瑜伽法要 残巻 カンジザイボサツニョイリンユガホウヨウ ザンカン

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

制作地:日本
平安
紙本墨書
縦 28.3 cm 横 475.4 cm
1巻
銘文:「永保二年移点、寛治二年受學」の奥書あり
重要文化財

如意輪観音を本尊として罪障消滅のために行う如意輪法に関係する密教の儀軌。金剛智の翻訳になるが、不空も同じものを訳している。本巻は巻首部分を欠くが、大ぶりで和様化した端正な筆致から平安時代中期の書写と見られる。訓みのための点(訓点)の形式は比叡山系である。

作品所在地の地図

関連リンク

観自在菩薩如意輪瑜伽法要 残巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観自在菩薩如意輪瑜伽法要残巻〈正慶二年三月金沢貞顕筆/〉
円仁入唐求法目録
聖観音像  
諸観音図像
註楞伽経巻第一
ページトップへ