文化遺産オンライン

三代目大谷広次の鯉つかみ

さんだいめおおたにひろじ こい

作品概要

三代目大谷広次の鯉つかみ

さんだいめおおたにひろじ こい

絵画 / 江戸

勝川春章筆

江戸時代・18世紀

細判 錦絵

1枚

 巨大な鯉と勇者が水中で格闘するこの演目は、水を使う夏狂言に多く演じられた。丸に十の定紋は三代目大谷広治。春章は宮川春水に学び、勝川派をなした。明和年間(1764~71)頃から役者絵で人気を博したが、天明期(1781~89)以降は主に肉筆画を手がけた。 

三代目大谷広次の鯉つかみをもっと見る

勝川春章筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

勝川 / / / 代目

関連作品

チェックした関連作品の検索