文化遺産オンライン

香川県庁舎旧本館及び東館

かがわけんちょうしゃくうほんかんおよびとうかん

作品概要

香川県庁舎旧本館及び東館

かがわけんちょうしゃくうほんかんおよびとうかん

昭和以降 / 中国・四国 / 香川県

香川県

昭和/1958年

鉄筋コンクリート造、建築面積3270.39 ㎡、本館及び東館よりなる  本館 八階建、塔屋三階付  東館 三階建

1棟

香川県高松市番町4丁目1番3

重文指定年月日:20220209
国宝指定年月日:

重要文化財

高松市の中心地に位置する。昭和33年の建築で、建築家丹下健三が模索した、鉄筋コンクリート造による日本の伝統建築の表現を、柱や梁(はり)、庇(ひさし)からなる軽やかな意匠で達成した。低層の東館と高層の本館を組み合わせ、一階を階高の高いピロティとロビーとして県民に開かれた庁舎とし、本館中央にエレベータや設備を集中させたコアをつくって他をフリープランとするなど、その後全国で建築された庁舎建築の模範となった。芸術家との協働による壁画や家具等もよく残る。

関連作品

チェックした関連作品の検索