文化遺産オンライン

『娯楽世界』

概要

『娯楽世界』

出版社:鈴木書店(のちの娯楽世界社)/刊行期間:大正2年~昭和2年?(1913-1927?)

明治・大正期の講談人気に刺激され創刊されたが、終刊の詳細は不明。歴史小説などの掲載もあった。表紙・口絵・挿絵のほとんどを鰭崎英朋が務めている。大正後期になると神保朋世など、英朋門下の画家が挿絵を描いている。

『娯楽世界』をもっと見る

国立劇場をもっと見る

キーワード

口絵 / 講談 / 期間 / 速記

関連作品

チェックした関連作品の検索