文化遺産オンライン

尾崎幸雄書簡

おざきゆきおしょかん

作品概要

尾崎幸雄書簡

おざきゆきおしょかん

文書・書籍 / 昭和以降 / 大分県

尾崎幸雄  (1858~1954)

おざきゆきお

大分県

昭和時代/1950

1幅

明治から昭和初期の政党政治家尾崎幸雄が中津福澤会の第10回追悼会(昭和25年・1950)に寄せた挨拶原稿。当時尾崎は93歳の高齢で、病気のため出席ができないかわりとして同会へ送った書簡である。諭吉の功績とともに、諭吉の精神を受け継ぎ、世界的視野に立った「簡易共通の世界語」の必要性を説いている。

尾崎幸雄書簡をもっと見る

尾崎幸雄をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

大分 / 諭吉 / 書簡 /

関連作品

チェックした関連作品の検索