文化遺産オンライン

板地著色 三十六歌仙図

いたじちゃくしょく さんじゅうろっかせんず

作品概要

板地著色 三十六歌仙図

いたじちゃくしょく さんじゅうろっかせんず

絵画 / 近畿

歌は照高院道隆が、歌仙画は狩野修理亮がそれぞれ描く。

大阪府

江戸時代/1606

奉納されて以来拝殿に掲げてあったため、画面が損傷していて、墨書の歌などは読みにくくなっている。すべての額は、ヒノキ材でつくられ、1画面に1人の歌仙を描き、画面上端に歌を墨書するという形がとられている。

(平均)縦43㎝、横32㎝

32面

大阪府河内長野市天野町996

河内長野市指定
指定年月日:19820319

宗教法人 天野山金剛寺

有形文化財(美術工芸品)

関連作品

チェックした関連作品の検索