文化遺産オンライン

東釧路III式土器

ひがしくしろ3しきどき

作品概要

東釧路III式土器

ひがしくしろ3しきどき

考古資料 / 土器・土製品類 / 縄文 / 日本 / 北海道 / 北海道

縄文時代早期

TK-60遺跡

北見市教育委員会

縄文時代早期後半の土器。TK-60遺跡は北見市内では最古級の竪穴住居跡から成る集落遺跡であり、この土器はそのうち1基の住居跡から出土しました。薄手の平底土器で、上から交互に向きを変えて、細い縄文がつけられています。

東釧路III式土器をもっと見る

ところ遺跡の館・ところ遺跡の森をもっと見る

キーワード

竪穴 / 住居 / 土器 / 遺跡

関連作品

チェックした関連作品の検索