文化遺産オンライン

「貯金双六」(高岡貯金銀行)

ちょきんすごろく(たかおかちょきんぎんこう)

作品概要

「貯金双六」(高岡貯金銀行)

ちょきんすごろく(たかおかちょきんぎんこう)

民俗 / 明治 / 富山県

著者兼発行人:書肆 車吉兵衛,印刷者:博可堂 井波兵太郎

富山県高岡市

印刷:明治28年12月25日,出版:同年12月31日/1895年

紙本・木版多色刷

縦45.5cm×横60.5cm

1枚

富山県高岡市古城1-5

2-08-02-101

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

明治28年(1895)10月、高岡源平板屋町に設立された高岡貯金銀行(1922年高岡商業銀行と改称、1939年高岡銀行に合併、のちに北陸銀行となる)の宣伝用双六。
「越岡高吉」が新聞配達をしていた少年時代から貯金を重ねて機織場を設立し、ついには県下一の多額税者となって貴族院議員になるまでの出世双六。

関連作品

チェックした関連作品の検索