文化遺産オンライン

葛雪輪扇面蒔絵櫛

くずにゆきわせんめんまきえくし

概要

葛雪輪扇面蒔絵櫛

くずにゆきわせんめんまきえくし

その他 / 江戸

江戸末期/19世紀

鼈甲

2.9×9.4 (cm)

千代田区隼町4-1 国立劇場

独立行政法人日本芸術文化振興会

鼈甲製、三日月形の挿櫛である。三日月形は、『守貞謾稿』によれば、鼈甲も木櫛蒔絵も黄楊にもあるとされる。鼈甲の黒斑の部分を金地とし、葛を高蒔絵で雪輪や扇地紙形を平蒔絵で表す。 花柳章太郎(1894~1965)の旧蔵品で平成15年(2012)に遺族の青山久仁子氏より国立劇場へ寄贈された。

葛雪輪扇面蒔絵櫛をもっと見る

国立劇場をもっと見る

キーワード

鼈甲 / / 劇場 / 国立

関連作品

チェックした関連作品の検索