破軍七星軍配 はぐんしちせいぐんばい

工芸 / 江戸 / 香川県 

香川県丸亀市
江戸時代
縦47.4.横24.1
1
香川県高松市
正八幡大神佐々貴大神蒔絵軍配
香川県立ミュージアム

軍配は戦場で歩兵を指揮統率する際に用いられた。表に日輪、裏に北斗七星を蒔絵したこの軍配には、星を繰って戦の勝敗を占ったという当時の星への信仰がうかがわれる。銀で象嵌された四ツ目紋があり、丸亀京極家伝来と伝えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

破軍七星軍配チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺裾濃胴丸具足一式
網代柳橋蒔絵文庫(編地柳橋四ツ目紋蒔絵文庫)
丸亀高校記念館(旧香川県立高松尋常中学校丸亀分校本館)
丸亀御領分絵図
太刀〈銘元重/〉
ページトップへ