倉敷市立磯崎眠亀記念館 くらしきしりついそざきみんききねんかん

近代その他 / 昭和以降 / 岡山県 

1988
茶屋町
教育委員会文化財保護課
国指定・建造物

非常に精巧な花莚「錦莞莚(きんかんえん)」の発明で知られる磯崎眠亀の住宅兼作業場として明治7年に建てられました。建物には物資の搬入、搬出をスムーズに行うための工夫が随所にあり、特に建物の昇り降りに配置したスロープが特徴です。 建物の保存、修理を経て昭和63年(1988)に記念館として開館されました。「錦莞莚」やその復元織機、眠亀に関する資料等を展示しています。

関連リンク

倉敷市立磯崎眠亀記念館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

倉敷市立磯崎眠亀記念館
錦莞莚
野﨑家旧蔵錦莞莚座蒲団
朴沢学園裁縫学習資料
旧函館博物館2号
旧函館博物館2号

田中善蔵

ページトップへ