少女 しょうじょ

絵画  素描 / 昭和以降 / 日本 

松本 竣介 (1948)
まつもとしゅんすけ
1941(昭和16)年
紙,鉛筆 墨 木炭 コンテ
34.7×28.0
1枚

この作品は1942年の個展に出品された。その個展パンフレットには《少女》の他、子どもや女性の素描数点の写真が載せられており、これら素描が竣介の自信作だったことを伝えている。少女の顔や手の表情、衣服のたるみを捉えるシンプルな輪郭線と、線を支える絶妙な陰影のぼかし。単に素描といえども、鉛筆だけでなく、墨や木炭など複数の画材が用いられている。後に、日本の伝統的な画材である墨について「人類の手にした塗料のうちで最高のもの」、「最高の表現材料としてその使用法に精通しなければならぬ」と改めてその素晴らしさを認めている。竣介は、それぞれの画材の特性を熱心に研究し、それらを効果的に使って、このような完成度の高い素描作品をつくり出したのだった。

作品所在地の地図

関連リンク

少女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婦人像
婦人像

松本竣介

鉄橋近く
鉄橋近く

松本 竣介

水を飲む子ども
水を飲む子ども

松本 竣介

ほほづゑの人
ほほづゑの人

萬鐵五郎

自画像
自画像

松本 竣介

ページトップへ