三貫地貝塚出土骨角器 さんがんじかいづかしゅつどこっかくき

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本 

縄文時代後・晩期 約2500年~4000年前
鹿角ほか
長さ11.5
員数28
新地町 三貫地貝塚

新地町に所在する三貫地貝塚は1952年、日本考古学協会によって、発掘調査が実施され、100体以上の人骨が出土し、注目を集めました。この発掘調査で出土した土器・石器・骨角器などの資料は日本考古学協会より寄贈を受け、福島県立博物館に収蔵されています。

作品所在地の地図

関連リンク

三貫地貝塚出土骨角器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

住吉町遺跡出土の遺物
サイベ沢遺跡出土の遺物
恵山貝塚
広畑貝塚
上高津貝塚
ページトップへ