文化遺産オンライン

桜楓山水図蒔絵印籠

おうふうさんすずまきえいんろう

作品概要

桜楓山水図蒔絵印籠

おうふうさんすずまきえいんろう

漆工 / 江戸 / 大分県

梶川

かじかわ

江戸時代後期/19世紀

蒔絵象嵌

長9.5×幅4.5㎝

1個

江戸時代後期に豊後国府内藩の藩政改革に活躍した家老岡本主米が藩主から拝領した印籠。表裏に桜と楓が咲き誇る川辺の景色が蒔絵で描かれ、藩主松平氏の家紋「釘抜き紋」が金象嵌された象牙の根付けがついている。なお、底部に「梶川作」の朱銘と壷印がある。

桜楓山水図蒔絵印籠をもっと見る

梶川をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

梶川 / 蒔銘 / 裏金 / 印籠

関連作品

チェックした関連作品の検索