ヘルプ

世界遺産と無形文化遺産

日光の社寺 (世界遺産登録年:1999年)


日光東照宮陽明門
日光は、徳川初代将軍家康の霊廟である東照宮が1616年に造営されて以来、徳川幕府の聖地となりました。東照宮は、その後1636年に全面的に大規模な造り替えが行われ、現在の規模・構造になりました。さらに、1653年には3代将軍家光の霊廟である大猷院が造営されました。8世紀以来、日光は男体山を中心とする山岳信仰の聖地であり、山麓や中禅寺湖畔にははやくから社寺が営まれていました。

東照宮が造営された男体山の東麓には、さきに輪王寺と二荒山神社があり、それらをあわせて大規模に造営されました。幕府が総力をあげて造営した建物は、人物・動物・植物などの彫刻を多用し、漆塗や彩色、飾り金具などで華やかに飾られています。

記載物件名 日光の社寺
構成資産 二荒山神社 東照宮 輪王寺 日光山内
所在地(市町村) 栃木県日光市
暫定記載年 平成4年(1992年)
推薦年月 平成10年(1998年)6月
記載年月 平成11年(1999年)12月
評価基準 (ⅰ)(ⅳ)(ⅵ)
都道府県所管課 栃木県文化財課
自治体等HP https://www.city.nikko.lg.jp/kanko/rekishi/shaji/index.html
 (日光市HP)
ユネスコ資産ページ https://whc.unesco.org/en/list/913
写真提供 東照宮 (日光東照宮)
輪王寺 (三仏堂)
日光市教育委員会 (その他)
日光二荒山神社
日光二荒山神社
男体山と登録地
男体山と登録地
三仏堂
三仏堂
上空写真
上空写真
ページトップへ