鉄地金銀象嵌人物図大飾皿 てつじきんぎんぞうがんじんぶつずおおかざりざら

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 中部 

駒井音次郎
富山県
明治/推定 1876~1885
 法量 高5.8 口径55.1(単位㎝)
 鉄製、金銀象嵌を施した大形の飾皿、縁は括を入れて十四花形とし、高台をつける。見込に2条の銀の紐帯で3区に分け、内区は御簾を背景に頭巾…
1枚
富山県富山市本丸1-62(富山県富山市本丸1-33)
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:19990330
登録美術品

本作品は、明治期の屈指の工房、京都駒井において駒井音次郎の制作によるものである。置物や飾り物の駒井製の金工品は、我が国の当時の金工を代表する物として西洋でも数々の名声を博しており、海外の万国博覧会でも種々の受賞を重ねていった名品である。しかしながら、これらの駒井製の金工品は、海外に日本の文化を発信するために制作されていたため、我が国に現存する物は非常に数少ない。特に、本作品ほどの駒井製の作品は世界的にも非常に希少であり、明治工芸の収集で有名なロンドンのハリリ・コレクションに数点所蔵されていることが知られているのみである。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄地金銀象嵌人物図大飾皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花鳥文様象耳付大花瓶
菊花文飾壺
菊花文飾壺

二代 北岳 横山彌左衛門孝純

金銀象嵌環付花瓶
金銀象嵌環付花瓶

銅器会社(初代 山川孝次 制作監督 推定)

黄銅製竹林観音彫花瓶
かわせみ図金銀象嵌飾皿
ページトップへ