舞楽螺鈿蒔絵硯箱 ぶがくらでんまきえすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
被蓋造り、削面取りの硯箱で、側面わずかに胴張りがあり、錫縁を廻らしている。内部には、左半に長方形の銅製水滴と硯を嵌め、右には懸子を納める。
 その意匠は、舞楽の楽人・楽…
縦22.7 横21.6 総高5.0 (㎝)
1合
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19890612
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

 斬新で視覚に訴える印象的意匠は、桃山から江戸時代初期にかけての、いわゆる光悦蒔絵と称される一群のものに近い。しかし、その多彩で技巧的な加飾材の使用技法は、中世以来の技法をさらに発達させた江戸時代初期の伝統的蒔絵に見られるところであり、二様式を併有したものといえる。
 個性的意匠表現とともに、精緻な技巧を尽くした蒔絵であり、多様な発展を見た近世初期蒔絵の中でも、特に異彩を放つ硯箱として貴重である。
 なお、本硯箱は、重文・子日蒔絵棚(文化庁)、重文・扇面鳥兜螺鈿蒔絵料紙箱(滴翠美術館)とともに、旧大名蜂須賀家に伝来したものであるが、これら三者は、細部の技法にいささかの差違が認められるものの、極めて相似た意匠感覚・技法を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

舞楽螺鈿蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦舟蒔絵硯箱
扇面鳥兜螺鈿蒔絵料紙箱
砧蒔絵硯箱
塩山蒔絵硯箱
春日山蒔絵硯箱
ページトップへ