群青地透文羅裂 ぐんじょうじとうもんらきれ

染織 / 昭和以降 

北村武資 (1935~)
きたむら たけし
平成14/2002
絹・羅
幅71.0
1領
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第49回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 作者は、つねに羅の技術の可能性を切り拓いてきた。今回は、文羅について筒綟という技法を中心に取り組んだ。筒綟とは、籠綟を一層粗くした籠綟の変形といえるもので、絡みを縦に連続的に外すことから直線的に文様が現れ、その点菱形状デザインを基調とする通常の文羅とは異なる。本作品では、この点に注目し、筒綟が織幅いっぱいに渡るデザイン構成の中でそれを効果的に用いることで、新感覚の羅を織り上げた。

作品所在地の地図

関連リンク

群青地透文羅裂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

碧地透文羅裂地
碧地透文羅裂地

北村武資

羅

扇文尽し文経錦丸帯
綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

ページトップへ