文化遺産オンライン

刺繍訪問着「和」

ししゅうほうもんぎ「やまと」

作品概要

刺繍訪問着「和」

ししゅうほうもんぎ「やまと」

染織 / 昭和以降

福田喜重  (1932~)

ふくだ きじゅう

平成17/2005

刺繍

丈177.5  裄67.0

1領

文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)

第52回日本伝統工芸展

国(文化庁)

 「雪月花」を主題にした作品である。
 絹地は、引き染めによる地染めを行い、それに暈かしを入れている。その絹地に、桜の花の輪郭は駒繍の技法を使って、赤いうるし糸と金糸で線を描く。桜の花弁の中は刺繍、雪は菅繍といくつかの技法を駆使して表現している。
 作者の作風の特徴は、大きな空間を持った、大胆な構図にあり、かつ、現代の生活空間の中での「用の美」を目指す点にあるが、本作品は、伝統的な技法を踏まえた、作者の特徴をよく示す作品となっている。

刺繍訪問着「和」をもっと見る

福田喜重をもっと見る

国(文化庁 工芸技術資料)をもっと見る

キーワード

技法 / 文化庁 / 友禅 / 分室

関連作品

チェックした関連作品の検索