相南三浦郡上宮田長藩陣営之図 そうなんみうらぐんかみみやだちょうはんじんえいのず

絵図・地図 / 江戸 / 神奈川県 

神奈川県
江戸時代末期
紙本・淡彩・掛幅
本紙縦54.5、横69.2(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)が江戸湾防備のために築いた上宮田陣屋の図。嘉永6年(1853)11月14日、長州藩は幕府から、相模国(神奈川県)の三浦半島南西海岸一帯の警備を命じられた。西浦賀から腰越八王子山へ至るこの一帯は、もと彦根藩が担当していた部署にほぼ該当し、長州藩では同国三浦郡上宮田村(三浦市)に陣屋を置き、6ヵ所の砲台に約900人にのぼる藩士を配置した。これを相州警衛といい、安政5年(1858)6月20日に免じられた。

作品所在地の地図

関連リンク

相南三浦郡上宮田長藩陣営之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

相州警衛使用文箱
吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

楠木正成墓碑銘拓本
豆州・相州・武州・上総・下総・房州海陸御固御役人附
東都桜田長州屋敷図
ページトップへ