用途を指示せぬ美の創案

金工 

杉田禾堂 (1886-1955)
スギタ、カドウ
昭和5年/1930
鍛造、鋳造・立体造形・3
完成期: h13.8 w27.3 d9.1 ; 原始期: h28.7 w12.1 d10.6 ; 過渡期: h14.5 w27.3 d9.1
第11回帝展 1930

杉田禾堂(1886-1955)
用途を指示せぬ美の創案
SUGITA, Kado
Beauty without function-"Genesis", "Transition", "Completion"
1930(昭和5)年 鍛造、鋳造
(左)h13.8 w27.3 d9.1 (中央)h28.7 w12.1 d10.6 (右)h14.5 w27.3 d9.1

《用途を指示せぬ美の創案》という難解なタイトルがつけられています。杉田禾堂は、工芸素材の持つ性質と作者の表現とが渾然一体となって生み出されるものを、絵画や彫刻とは異なる工芸独特の「工芸美」と考えました。そしてその「工芸美」が、「原始期」(中央)「過渡期」(右)「完成期」(左)へと変転していくということを作品で表現しています。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 1930(昭和5)年 鍛造、鋳造
    (左)h13.8 w27.3 d9.1 (中央)h28.7 w12.1 d10.6 (右)h14.5 w27.3 d9.1

    《用途を指示せぬ美の創案》という難解なタイトルがつけられています。杉田禾堂は、工芸素材の持つ性質と作者の表現とが渾然一体となって生み出されるものを、絵画や彫刻とは異なる工芸独特の「工芸美」と考えました。そしてその「工芸美」が、「原始期」(中央)「過渡期」(右)「完成期」(左)へと変転していくということを作品で表現しています。
    ,用途を指示せぬ美の創案,杉田禾堂" />

用途を指示せぬ美の創案チェックした作品をもとに関連する作品を探す

双魚衝立
双魚衝立

北原千鹿

手筥
手筥

飯塚琅玕斎

陶製黒豹置物
陶製黒豹置物

小川雄平

陶彫 印度象
陶彫 印度象

沼田一雅

輪島塗台付重箱
輪島塗台付重箱

久保田譲吉

ページトップへ