束帯天神像 そくたいてんじんぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 室町 / 日本 

伝藤原信実 (1177?~1265?)
でんふじわらのぶざね
室町
絹本著色掛軸装
80.4×37.5
1幅
香川県立ミュージアム

 儒門から身を起こし、右大臣の地位にのぼり、にわかに左遷され悲劇的な生涯を閉じた菅原道真は、国司として讃岐に赴任していたことがある。死後、祟りをなすと信ぜられ、天神信仰が盛んとなり、多くの天神像が描かれた。本幅は、平安貴族の正装であった束帯姿で描かれ、画像の左右に天神と縁の深い松と梅を描いている。初期の天神像は表情に道真の怒りを表現しているが、本幅ではかなり柔和なものとなっている。

作品所在地の地図

関連リンク

束帯天神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

束帯天神像
束帯天神像

高泉性?賛

束帯天神像
束帯天神像

藤原信実

束帯天神像
渡唐天神像
渡唐天神像
渡唐天神像

森寛斎筆

ページトップへ