小道具蒔絵茶箱 こどうぐまきえちゃばこ

工芸  漆工 / 江戸 / 日本 

小川破笠(1663~1747)作
おがわはりつ
江戸時代中期
縦14.2cm 横19.7cm 高13.0cm
1合

蓋裏蒔絵文様にある印篭図には、印篭の作者銘に擬して、隠し落款風にこの茶箱自身の作者を示す蒔絵銘「笠翁造」が見られ、本資料が江戸時代中期の蒔絵師小川破笠の作であることがわかる。蓋表及び四側面は、籐編の素地に刀の鐔や小柄などの小道具文様を漆細工で表した、いわゆる「破笠細工」からなっている。

作品所在地の地図

関連リンク

小道具蒔絵茶箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柏木菟蒔絵料紙箱及春日野蒔絵硯箱〈小川破笠作/〉
関羽図
関羽図

小川破笠

茶箱
茶箱

(伝)小川破笠

蓬莱蒔絵香道具箱
住吉蒔絵硯箱
住吉蒔絵硯箱

山本春正作

ページトップへ