『高岡銅工ニ答フル書』 たかおかどうこうにこたうるしょ

歴史資料 / 明治 / 富山県 

林忠正 (1853~1906)
はやしただまさ
富山県高岡市
明治19年/1886年
紙本墨書
縦27.3cm×横19.0cm
1冊(「林忠正草稿」用箋17枚綴)
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 高岡銅器の名工・白崎善平は輸出の不況を憂い、パリの林忠正に対策の教示を請うた。忠正は高岡出身で、西洋と日本との美術文化交流に寄与した美術商。本資料はそれに答えたもので、世界的視野から当時の日本美術工芸の傾向及び海外輸出の現況を分析し、「西洋人の『用』を考えた機能と形態の重視が必要である」などと助言をしている。
 本書はその成立に至るまでに幾つかの段階を経ている。忠正がパリで書いたとされる草稿は、その題を『高岡銅器維持ノ意見』といい林家に伝世している。その草稿は忠正の弟らの仲介で、「旧師笹原両先生」の推敲を経て、何冊か浄写されて白崎をはじめ親戚などに配布された。本書はそのうち、忠正の実家である長崎家に伝わったものである。また「旧師笹原両先生」とは高岡の教育家・笹原(のち原と改姓)北湖(雀斎)・遂初父子のことと思われ、この推敲により全体に表現が穏便に変更されている。
 また本書は龍池会(日本美術協会の前身)会員・山本五郎により、『龍池会報告』第20号(明治20年1月20日)、同第21号(同年2月20日)に2回分載もされている。

作品所在地の地図

関連リンク

『高岡銅工ニ答フル書』チェックした作品をもとに関連する作品を探す

パリ万国博覧会パンフレット
花鳥文様象耳付大花瓶
『銅器図案集』
『銅器図案集』

発行:高岡市役所勧業課,印行:富山県工業試験場

高岡捺染 笹原文次関係資料
銅器下図
ページトップへ