文化遺産オンライン

花鳥蒔絵螺鈿聖龕

かちょうまきえらでんせいがん

作品概要

花鳥蒔絵螺鈿聖龕

かちょうまきえらでんせいがん

漆工

安土桃山時代 16世紀

高61.5 巾39.5 厚5.0

1基

重要文化財

近世初期、西欧に輸出された教会祭儀用の漆器の一つ。聖画を納める厨子形式になり、器形はヨーロッパ人(イエズス会宣教師)の注文、技術は日本の蒔絵、螺鈿などの漆芸、意匠は和様折衷という特色をみせている。近世初期の日本と西欧の文化交流の象徴的な作品。南蛮漆芸の中でも最上等のもので、油彩の聖母子像はヨーロッパで制作されたものである。

花鳥蒔絵螺鈿聖龕をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / 蒔絵 / 漆器 /

関連作品

チェックした関連作品の検索