花樹鳥文蒔絵螺鈿洋箪笥 かじゅちょうもんまきえらでんようたんす

漆工 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代/16世紀末~17世紀初
蒔絵螺鈿
高25.2×幅37.0×奥行26.0㎝
1基

16世紀末から17世紀初期にポルトガル人の好みに合わせ日本で製作されヨーロッパ向けに輸出された南蛮漆器の一種。螺鈿と蒔絵で幾何学文を縁取りし、その中に草花や鳥獣を蒔絵で表す。本作品は大小7つの引き出しを備えた洋箪笥で、蓋が前倒れ式となっており、机のとして使えるようになっている。

作品所在地の地図

関連リンク

花樹鳥文蒔絵螺鈿洋箪笥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花鳥文蒔絵螺鈿洋櫃
鮫皮貼螺鈿洋櫃
花樹鳥獣蒔絵螺鈿箪笥
花鳥蒔絵螺鈿聖龕
花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃
ページトップへ