花樹鳥獣蒔絵螺鈿箪笥 かじゅちょうじゅうまきえらでんたんす

工芸  漆工 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代
幅86.9cm 奥行51.7cm 高69.1cm
1基

桃山時代に輸出用に作られた漆器には、前述の宗教用具の他に、日常に使われる生活用具としての漆器があった。こうした漆器の輸出は、日本との交易の中心がスペイン・ポルトガルからオランダへ移っていくまで行われたと考えられる。本資料は、大量に生産された輸出漆器の箪笥の中でも最も大型のものに属している。

作品所在地の地図

関連リンク

花樹鳥獣蒔絵螺鈿箪笥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花鳥蒔絵螺鈿聖龕
花樹鳥獣蒔絵螺鈿聖龕
花樹鳥文蒔絵螺鈿洋箪笥
草花蒔絵螺鈿書見台
花鳥蒔絵螺鈿角徳利及び櫃
ページトップへ