花樹鳥獣蒔絵螺鈿聖龕 かじゅちょうじゅうまきえらでんせいがん

漆工  工芸 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代
幅29.5cm 奥行4.5cm 高45.0cm
1基

桃山時代を代表する輸出漆器のなかでも、キリスト教の祭具として作られた一連のものは、キリスト教が禁止されるまでと、おおよそ製作の下限を知ることが出来る。本資料は唐破風の下にI・H・Sの文字や、ハートに3本の釘からなるイエズス会の紋章を備えており、当時の歴史的背景や西欧文化との交流を端的に示す好資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

花樹鳥獣蒔絵螺鈿聖龕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花蒔絵螺鈿書見台
花樹鳥獣蒔絵螺鈿箪笥
花鳥蒔絵螺鈿聖龕
花樹鳥獣蒔絵螺鈿聖龕
花鳥蒔絵螺鈿聖龕
ページトップへ