蒔絵螺鈿花樹鳥獣文洋櫃 まきえらでんかじゅちょうじゅうもんようひつ

漆工 / 江戸 

製作者不詳/日本製
江戸時代初期/17世紀前期
木に漆
高31.7 44.0×24.3
1合


来歴:1984神戸市立博物館

参考文献:

 蒲鉾(かまぼこ)型をしたこの洋櫃(ようびつ)は、当時日本へ来ていた西洋人の注文制作によるもので、船でヨーロッパに運ばれ、彼の地で使用されていたものです。日本の伝統的な意匠を、漆(うるし)地に金蒔絵(まきえ)と螺鈿(らでん)で装飾したこれらの品々は、彼らに大変喜ばれました。

 この洋櫃は、それらの輸出漆器の中でも、文様や蒔絵の筆使いから初期の作品と考えられ、保存も良好です。
 

【近世・近代の漆工・陶磁器・染織】

作品所在地の地図

関連リンク

蒔絵螺鈿花樹鳥獣文洋櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蒔絵螺鈿鮫皮貼り住吉社図鞍袋形箱
蒔絵南蛮人洋犬文硯箱
蒔絵南蛮人洋犬文硯箱

製作者不詳/日本製

蒔絵青貝細工ヴィクトル・モロー将軍肖像図プラーク
貝貼り書簟笥
貝貼り書簟笥

製作者不詳/京都製

花鳥蒔絵螺鈿洋櫃
ページトップへ