文化遺産オンライン

花樹鳥獣蒔絵螺鈿櫃

かじゅちょうじゅうまきえらでんひつ

概要

花樹鳥獣蒔絵螺鈿櫃

かじゅちょうじゅうまきえらでんひつ

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

縦55.0 横131.8 高64.3

1合

 表面は全体に鮫皮の粒を蒔き、螺鈿と平蒔絵で文様を表わしている。ただし「鮫皮」とは、実際にはエイの皮を呼び慣わしているもの。エイの皮は東南アジア産で、江戸時代に入ると大量に日本へ輸入されるようになった。エイの皮を用いた漆器は17世紀中葉、オランダ東インド会社を通じて盛んに輸出された。 

花樹鳥獣蒔絵螺鈿櫃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 螺鈿 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索