Chest, Flower, bird and animal design in maki-e lacquer and mother-of-pearl inlay

Details

Chest, Flower, bird and animal design in maki-e lacquer and mother-of-pearl inlay

lacquer work / Edo

Edo period, 17th century

縦55.0 横131.8 高64.3

1合

 表面は全体に鮫皮の粒を蒔き、螺鈿と平蒔絵で文様を表わしている。ただし「鮫皮」とは、実際にはエイの皮を呼び慣わしているもの。エイの皮は東南アジア産で、江戸時代に入ると大量に日本へ輸入されるようになった。エイの皮を用いた漆器は17世紀中葉、オランダ東インド会社を通じて盛んに輸出された。 

Related Works

Search items related to work chosen