文化遺産オンライン

双龍花鳥蒔絵螺鈿裁縫道具入

ソウリュウカチョウマキエラデンサイホウドウグイレ

作品概要

双龍花鳥蒔絵螺鈿裁縫道具入

ソウリュウカチョウマキエラデンサイホウドウグイレ

漆工

縦:16.5cm 横:4.3cm 高:3.5cm

1合

蓋と身の側面に紐通し穴があり、ここに通した紐で蓋を閉じ、ちょうど印籠のように携帯することのできる裁縫用具入れ。十七世紀のオランダでは、一家の主婦はスカートにそって腰から長い鎖を垂らし、鍵や裁縫道具入れをぶら下げた。蒔絵と螺鈿で飾られた例は今のところ世界で唯一。オランダ東インド会社の誰かが、きっと愛する女性のために特注した品に違いない。精緻な幾何学文、龍や鳳凰、竹に虎など、蒔絵も非常に細やかである。

双龍花鳥蒔絵螺鈿裁縫道具入をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 螺鈿 / / 手箱

関連作品

チェックした関連作品の検索