鼠蒔絵印籠 ねずみまきえいんろう

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

紐通し脇朱漆銘「塩見政誠」
江戸時代・19世紀
金・銀研出蒔絵
縦5.3_横6.7
1個
銘文:紐通し脇朱漆銘「塩見政誠」

 印籠は、薬などを入れる携帯用の容器でしたが、江戸時代の中ごろからは主に装身具として用いられました。これらの印籠は江戸中期の蒔絵師、塩見政誠の作品で、鼠を表裏連続して配した大胆な構図と、毛の一本一本まで蒔絵であらわした精緻な表現が印象的な作品です。
ルビ:しおみまさなり

作品所在地の地図

関連リンク

鼠蒔絵印籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

榊馬蒔絵印籠
榊馬蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

三猿蒔絵印籠
三猿蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

若松蒔絵印籠
若松蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

馬蒔絵印籠
馬蒔絵印籠

(銘)塩見政誠

鼠蒔絵印籠
鼠蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

ページトップへ