三猿蒔絵印籠 さんざるまきえいんろう

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

紐通し朱漆銘「塩見政誠」
江戸時代・19世紀
金薄肉高蒔絵、研出蒔絵
縦8.2_横6.4
1個
銘文:紐通し朱漆銘「塩見政誠」

印籠は江戸時代に装身具として発達を遂げ、小さく制限が多い器物で意匠に工夫を凝らし、緻密な蒔絵を施すことが考え抜かれた。これは三猿の起源になった「七猿歌」という平安時代の僧侶・良源【りょうげん】が日吉大社で詠んだ歌が対応する猿とともに緻密にあらわされている。
るび りょうげん

(酒井元樹木氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

三猿蒔絵印籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠蒔絵印籠
鼠蒔絵印籠

紐通し脇朱漆銘「塩見政誠」

榊馬蒔絵印籠
榊馬蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

若松蒔絵印籠
若松蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

麦穂蝶蒔絵印籠
麦穂蝶蒔絵印籠

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

鴫立つ沢蒔絵印籠
鴫立つ沢蒔絵印籠

底裏朱漆銘「塩見政誠」

ページトップへ