文化遺産オンライン

鼠蒔絵印籠

ねずみまきえいんろう

作品概要

鼠蒔絵印籠

ねずみまきえいんろう

漆工 / 明治

紐通し朱漆銘「塩見政誠」

明治時代・19世紀

金・銀研出蒔絵

縦7.6_横6.1

1個

銘文:朱漆銘「塩見政誠」

印籠は、薬などを入れる携帯用の容器でしたが、江戸時代の中頃から装身具として用いられました。この印籠は江戸中期の蒔絵師、塩見政誠の作品です。金地に二匹の鼠を配した大胆な構図と、毛の一本一本まで蒔絵で表わした精緻な表現が印象的な作品です。

鼠蒔絵印籠をもっと見る

紐通し朱漆銘「塩見政誠」をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

塩見 / / / 印籠

関連作品

チェックした関連作品の検索