庄内及び周辺地のくりものコレクション しょうないおよびしゅうへんちのくりものこれくしょん

その他の画像全5枚中5枚表示

有形民俗文化財 / 江戸 / 日本 

山形県
江戸~昭和
229点 附工具21点
山形県鶴岡市
指定:1972(昭和47).8.3
致道博物館
重要有形民俗文化財

 自給自足の生活をたてまえとしている山村では、身近に得られ、細工にも容易な木材を彫り窪めたり、くりぬいたりして種々の用具を作っている。
 製粉、餅つき用の各種の臼、食品の調理に欠かせない大小の木鉢、食塩保存用の塩ぶね、ワラビの根から澱粉を採取するための根ぶね、飯米入れのけしねびつ、製糸用のおぼけ、土ぞりの一種のそろ等数多くの生活用具があり、山村生活の地域的特色を見ることができる。
 これらは、「まさかり」「なた」「ちょうな」「丸がんな」などで、くり削り仕上げたものであるが、それぞれの形と材質の特徴が機能的にも活かされていて、手作り用具に込められた生活の知恵を見ることができる。指定の内容は、木鉢122点、臼25点、塩ぶね19点、そろ15点、その他48点、工具21点。

作品所在地の地図

関連リンク

庄内及び周辺地のくりものコレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

庄内および周辺地のくりものコレクション 附 工具
奥会津の山村生産用具及び民家(馬宿)
砺波の生活・生産用具
庄内の米作り用具コレクション
北上山地川井村の山村生産用具コレクション
ページトップへ