東御市海野宿(宿場・養蚕町 長野) とうみし うんのじゅく(しゅくば・ようさんまち ながの)

その他の画像全5枚中5枚表示

宿場町  その他 / 江戸 / 長野県 


海野宿は寛永2年(1625)の開設と伝える北国街道の宿場町である。保存地区は、東枡形から西枡形までの約650メートルの旧海野宿のほぼ全体で、街道両側に家々が並び、街道の中央に水路が流れている。宿場時代の建物は中山道の宿場に見られる旅籠屋形式とよく似るが、養蚕の影響をうけた建物は、二階建で建ちが高く、気抜きの越屋根をあげているものが多い。

関連リンク

東御市海野宿(宿場・養蚕町 長野)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東御市海野宿
矢掛町矢掛宿
丹波篠山市福住
南木曽町妻籠宿
南木曽町妻籠宿(宿場町 長野)
ページトップへ