文化遺産オンライン

酒井忠次書状 大須賀一徳齋宛

作品概要

酒井忠次書状 大須賀一徳齋宛

文書・書籍 / 安土・桃山 / 山形県

酒井忠次

さかいただつぐ

安土桃山/1583

1通

山形県鶴岡市

致道博物館

善光寺の別当栗田氏は武田配下のもと勢力を有していたが、天正9年2月28日遠江高天神の戦いに栗田鶴壽は討死し、跡嗣が決まっていなかった。そのために酒井忠次は鶴壽の長子永壽を家督相続人とし、被官大須賀一徳齋を後見役として家康に拝謁せしめて善光寺の寺領安堵をおこなった。この文書は永壽の身上を保証し、近日善光寺に至り、一徳齋に面談する旨を述べたもの。

尚以、栗田殿之事、無沙汰申間敷候、何に而も用所之 事可申越候
永壽殿之儀被申越候、少も如在不存 万事異見之儀 貴所任置候、近日 其表為仕置下候間 面に而可申達候、替事候者可承候、恐々謹言
(天正十一年) 酒左
三月五日 忠次(花押)
一徳 
  まいる

酒井忠次書状 大須賀一徳齋宛をもっと見る

酒井忠次をもっと見る

公益財団法人致道博物館をもっと見る

キーワード

/ / 忠次 / 酒井

関連作品

チェックした関連作品の検索