木内家住宅主屋 きうちけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

千葉県
昭和前/1929-1931
石造2階建、瓦葺、建築面積50㎡
1棟
千葉県香取郡多古町多古2613
登録年月日:19991014
登録有形文化財(建造物)

城下町として発展した多古の中心にある商家。かつては米穀商を営み,敷地最奥に住宅が建つ。寄棟造,桟瓦葺,総2階建の住宅は,外壁を大谷石積とするが,階境・軒廻り・開口部等に稲田石を組んで外観に変化を持たせ,当時の意匠の流行をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

木内家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木内家住宅旧蔵
木内家住宅旧店舗
服部家住宅主屋
平井家住宅主屋
旧山本家住宅(山本清記念財団会館)主屋
ページトップへ